絶滅危惧種のガベラシロスジヤブモズを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ガベラシロスジヤブモズ

ガベラシロスジヤブモズ


ガベラシロスジヤブモズ

和名 : ガベラシロスジヤブモズ
学名 : Laniarius amboimensis
分類 : スズメ目モズ科
分布地域 : アンゴラ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約20cm。
体毛は頭頂部は赤褐色で、背部と尾が黒く翼に白い翼帯がある、下部は白い。

鳥アイコン 生態
ライン


森林の林床に棲息している。
他の鳥類と混群を形成している姿が記録されている。

食物は恐らく大型昆虫などを食べる。

繁殖方法は不明。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ガベラシロスジヤブモズはアンゴラのクアンザ・スル州西部のガベラ周辺の限られた範囲にしか棲息していない珍しい鳥として知られている。

1960年以降は1992年9月にツガイが記録されるまで目撃されない期間が続いていた。
その後は2004年1月にクンビラ森林での記録があるほか、2005年の調査でもガベラの北30kmの地点で目撃されている。

棲息地の大部分は農園や農地拡大の為の森林伐採によって失われている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク