絶滅危惧種のタンザニアイロムシクイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > タンザニアイロムシクイ

タンザニアイロムシクイ


タンザニアイロムシクイ

和名 : タンザニアイロムシクイ
学名 : Kungwe apalis
分類 : スズメ目セッカ科
分布地域 : タンザニア、ブルンジ、コンゴ民主共和国、ルワンダ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 未評価 (NE)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約14cm、翼長6cm。
体毛は背部が褐色を帯びた灰色で、腹部が白い。

鳥アイコン 生態
ライン


コンゴ民主共和国のアルバート地溝帯やタンザニアのルングウェ山、キブ湖周辺の標高1300m以上の森林に棲息している。
単独から数羽の群れで活動をする。

食物は主に昆虫を食べる。

繁殖方法は不明、地上に営巣すると考えられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


棲息地の多くは森林伐採によって失われている。
個体数は不明、セグロイロムシクイの亜種と考える鳥類学者も多い。
IUCNでは評価されていない。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク