絶滅危惧種のコウカイガケツバメを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > コウカイガケツバメ

コウカイガケツバメ


コウカイガケツバメ

和名 : コウカイガケツバメ
学名 : Hirundo perdita
分類 : スズメ目ツバメ科
分布地域 : スーダン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



鳥アイコン 形態
ライン


全長14cm、翼長11.5cm、尾長6cm。
体毛は背部が青みがかった黒で、頭部と胸部は灰色、翼下部、喉、脇は白い、下尾筒は赤褐色。

鳥アイコン 生態
ライン


これまでに1羽しか捕獲されていないため生態は解明されていない。

数件存在する目撃報告を検証すると恐らく群居性と考えられる。

検体の換羽が繁殖前換羽であった事から繁殖期は5月頃と推定される。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


1984年5月4日にポートスーダンの北東20km地点にある灯台で死骸で発見されたのが最初の発見にして唯一の捕獲例である。

恐らく本種と思われる目撃報告が1989年の11月~12月にエチオピアのアワッシュ国立公園で3羽~8羽、1985年6月にバレ山脈の標高3300mの地点で数羽あり、それ以外にもランガノ湖周辺で約20羽や、サウジアラビアのジッダでも2羽の目撃報告がある。

個体数や脅威は全く解っていない。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク