絶滅危惧種のミカヅキマユアリサザイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ミカヅキマユアリサザイ

ミカヅキマユアリサザイ


ミカヅキマユアリサザイ

和名 : ミカヅキマユアリサザイ
学名 : Herpsilochmus pectoralis
分類 : スズメ目アリドリ科
分布地域 : ブラジル(セルジッペ州、バイーア州、パライバ州、リオグランデ・ド・ノルテ州、マラニョン州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長11cm~12cm。
オスの体毛は背部が灰色で白い眉斑があり翼と尾が黒い、下部は白色で胸部に黒い斑がある。
メスは背部が茶色がかった黄緑色で、下部が薄い茶色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高200m以下の背の高い木の生えた森林に棲息している。

食物は昆虫を食べる。

繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


農地拡大を目的とした森林伐採で棲息地は酷く劣化している。
個体数は1万羽前後と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
セルジッペ州
セラ・デ・イタバイアナ国立公園(Serra de Itabaiana National Park)

バイーア州
シャパーダ・ディアマンティーナ国立公園(Chapada Diamantina National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク