絶滅危惧種のキシベアリサザイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > キシベアリサザイ

キシベアリサザイ


キシベアリサザイ

和名 : キシベアリサザイ
学名 : Formicivora littoralis
分類 : スズメ目アリドリ科
分布地域 : ブラジル(リオデジャネイロ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長12cm~13cm。
体毛は背部が暗褐色で下部が灰色、尾の先端が白い。
メスは下部が白色になっている。

鳥アイコン 生態
ライン


海岸近くの低木林に棲息している。
単独かツガイで行動をする。
キシベアリサザイ2
食物は主に昆虫を採食する。

巣は地上約2mの枝の上に作られる、繁殖を行うのに特定の時期はないと考えられる。
メスは卵を約2個産み、雌雄協力して抱卵と育雛を行う。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


以前考えられていたよりも広範囲に分布している事が解っているが、それでも棲息地の大半は住宅建設やリゾート地としての開発によって酷く劣化して失われている。

個体数は約3000羽程と考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
リオデジャネイロ州
コスタ・ド・ソル州立公園(Costa do Sol State Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク