絶滅危惧種のズキンヒメアリサザイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ズキンヒメアリサザイ

ズキンヒメアリサザイ


ズキンヒメアリサザイ

和名 : ズキンヒメアリサザイ
学名 : Formicivora erythronotos
分類 : スズメ目アリドリ科
分布地域 : ブラジル
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長11cm~12cm。
体毛は全体的に灰褐色で背中が赤褐色、尾と翼は黒く、脇腹と雨覆羽の先端が白い。

鳥アイコン 生態
ライン


海岸近くの湿潤な森林に棲息している。
基本的にはツガイで行動する。

食物は、昆虫、クモ、カエルなどを食べる。

繁殖は8月~2月に行われ、植物で作られたカップ状の巣の中に約2個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ズキンヒメアリサザイは1952年に発見されてから19世紀中に約20羽が捕獲された。
それから100年以上発見されていない期間が続き絶滅したと考えられていたが1987年に再発見されている。

脅威としてはホテル建設など観光地としての開発や海岸近くの住宅の増加で棲息地を失っている。
個体数は2000羽前後と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
リオデジャネイロ州、サン・パウロ州
ボカイナ山国立公園(Serra da Bocaina National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク