絶滅危惧種のアナンブラカエデチョウを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > アナンブラカエデチョウ

アナンブラカエデチョウ


アナンブラカエデチョウ

和名 : アナンブラカエデチョウ
学名 : Estrilda poliopareia
分類 : スズメ目カエデチョウ科
分布地域 : ナイジェリア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約12cm。
体毛は背部は灰色がかった赤褐色で頭部は明るい色になる、尾は濃い茶褐色、下部は薄い茶褐色。

鳥アイコン 生態
ライン


河川近くの背の高い草原に棲息している。
他の鳥類との混群など最大20羽の群れを形成して行動する。

食物は主に種子を食べる。

繁殖については殆ど解っていないが、6月に繁殖状態の個体が見つかっている、恐らく4月頃に巣を作り始めると考えられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ナイジェリア南部の4箇所からのみ棲息が確認されている。

大きな脅威は存在していないと考えられているが、2001年3月から2002年4月のニジェール・デルタの調査では総数で約500羽推定されている事から、個体数は少ないと考えられる。
正確な分布範囲や生態を解明する為にも更なる調査が必要とされている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク