絶滅危惧種のズアカハゴロモキンパラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ズアカハゴロモキンパラ

ズアカハゴロモキンパラ


ズアカハゴロモキンパラ

和名 : ズアカハゴロモキンパラ
学名 : Cryptospiza shelleyi
分類 : スズメ目カエデチョウ科
分布地域 : コンゴ民主共和国(キブ湖、ヴィルンガ山地、イトムブウェ山脈、カフジ=ビエガ国立公園)、ルワンダ(ヴィルンガ山地、ムクラ森林、マクワ森林)、ウガンダ(ヴィルンガ山地、ルウェンゾリ山地)、ブルンジ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約14cm、体重18g~20g。
体毛は背部が赤茶けた黒、翼と尾は黒い、下部は黄緑色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1500m~3400mの森林に棲息している。
単独やツガイで行動する事が多いが、他の鳥類との混群を形成する事もある。
下草にいる時間が多く、外敵などが近づいてくると直ぐに草むらの中に逃げる。

食物は地面に落ちている種子を食べる。

繁殖は今まで一度も観察されていないため不明。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


農地や木材を目的とした森林伐採によって棲息地は減少している。
自然保護区のカフジ=ビエガ国立公園でも伐採やハンターによる圧力がある、イトンブェ山脈の麓はルワンダやブルンジからの難民が押し寄せている地域のため様々な脅威が発生している可能性がある。

個体数は約1万羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ウガンダ
ルウェンゾリ山地
ルウェンゾリ山地国立公園(Rwenzori Mountains National Park)

カヌング県
ブウィンディ原生国立公園(Bwindi Impenetrable National Park)

ルワンダ
南部州、西部州
ニュングェ国立公園(Nyungwe Forest National Park)

コンゴ民主共和国
キヴ湖西岸
カフジ=ビエガ国立公園(Kahuzi-Biéga National Park)

北キヴ州
ヴィルンガ国立公園(Virunga National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク