絶滅危惧種のノドアカカワガラスを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ノドアカカワガラス

ノドアカカワガラス


ノドアカカワガラス

和名 : ノドアカカワガラス
学名 : Cinclus schulzi
分類 : スズメ目カワガラス科
分布地域 : ボリビア、アルゼンチン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長14cm~15cm。
体毛は全体的に暗い暗灰色、喉が赤く、初列風切の内側に白い斑がある。

鳥アイコン 生態
ライン


アンデス山脈の標高800m~2500mにある流れの速い河川の近くに棲息している。

食物は水中昆虫やハエなどを食べると考えられる。

繁殖については詳しく解っていないが10月~1月頃になると標高1500m~2500mのハンノキ林に移動して崖の溝や岩の隙間に巣を作り約2個の卵を産む。
抱卵期間や育雛期間は不明。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ダム建設や水力発電所の建設に伴う水質汚染や、外来魚との食料の競合などが脅威となっている。
現在の個体数は3000羽~4000羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


アルゼンチン
フフイ州
カリレグア国立公園(Calilegua National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク