絶滅危惧種のハイイロヒワを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ハイイロヒワ

ハイイロヒワ


ハイイロヒワ

和名 : ハイイロヒワ
学名 : Carduelis johannis
分類 : スズメ目アトリ科
分布地域 : ソマリア北部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約13cm、翼長約8cm。
体毛は背部が薄い灰色で、上尾筒と脇腹が赤褐色を帯びる、頬と下部は白い。
メスは背部に縦斑がある。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1800m~2300mの岩場の多い森林に棲息している。

食物はサルビアなどの植物の種子を食べる。

繁殖に関しては不明。
メスのみが抱卵を行っている可能性がある。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ハイイロヒワは5箇所の小さい範囲から棲息が確認されている鳥で棲息地の破壊が脅威となっている、最大の棲息地とされるダロー森林保護区は十分に管理されている状態では無く道路建設や森林伐採は進んでいる。
ソマリアの政治的混乱もあり十分な調査が行われていない為、まだ解明されていない脅威が存在する可能性はある。

個体数は約1000羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ソマリア
ダロー森林保護区(Daloh Forest Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク