絶滅危惧種のキクイタダキカザリドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > キクイタダキカザリドリ

キクイタダキカザリドリ


キクイタダキカザリドリ

和名 : キクイタダキカザリドリ
学名 : Calyptura cristata
分類 : スズメ目カザリドリ科
分布地域 : ブラジル(リオデジャネイロ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長7cm~8cm。
体毛は背部がオリーブ色で腹部は黄色い、翼には2本の白い線がある、頭頂部は赤い。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1000m付近の森林で発見されている。
鳴き声は大きく不快らしい。

食物は主に昆虫で季節によって種子や果実を食べる。

繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン

キクイタダキカザリドリ2
キクイタダキカザリドリは1890年から100年以上発見されない期間が続いたため絶滅が宣言されていたが、1996年10月にブラジル人鳥類学者リカルド・パリーニによってリオデジャネイロ州のオルガンス山国立公園で再発見されている。

棲息範囲は狭く何世紀にも渡り開発による森林伐採が続けられている地域である事から危機的な状況にある。
残っている個体数は僅かと考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
リオデジャネイロ州
オルガンス山国立公園(Serra dos Órgãos National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク