絶滅危惧種のホオジロアリモズを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ホオジロアリモズ

ホオジロアリモズ


ホオジロアリモズ

和名 : ホオジロアリモズ
学名 : Biatas nigropectus
分類 : スズメ目アリドリ科
分布地域 : ブラジル、アルゼンチン(ミシオネス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長18cm、体重25g~35g。
体毛は頭部と喉が黒くクチバシから後頭部に掛けて白い線がある、背部か褐色で翼と尾が赤褐色、下部は薄い褐色になる。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1200m以下の竹林に棲息している。
他の鳥類と混群を形成している姿がよく見られる。

食事は、種子、昆虫、クモなどを食べる。

繁殖は10月~1月頃で竹の葉で作った巣に産卵をする。
産卵数や抱卵期間の情報は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ホオジロアリモズは元々数の少ない鳥だったが1960年以降の大規模な森林伐採により急速に減少している。
アルゼンチンでは年々に希少になっていて、現在は殆ど発見されなくなっている。

個体数は約1万羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
パラナ州
イグアス国立公園 (Iguaçu National Park)

リオデジャネイロ州
オルガンス山国立公園(Serra dos Órgãos National Park)

ミナスジェライス州、リオデジャネイロ州
イタチアイア国立公園(Itatiaia National Park)

サンパウロ州
インテルヴァレシュ州立公園(Intervales State Park)

セーハ・ド・マール州立公園(Serra do Mar State Park)

リオデジャネイロ州
デセンガノ州立公園(Desengano State Park)

アルゼンチン
ミシオネス州
イグアス国立公園 (Iguazú National Park)

クルセ・キャバレロ州立公園(Cruce Caballero Provincial Park)

ピニャリト州立公園(El Piñalito Provincial Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク