絶滅危惧種のズグロアカムシクイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ズグロアカムシクイ

ズグロアカムシクイ


ズグロアカムシクイ

和名 : ズグロアカムシクイ
学名 : Bathmocercus cerviniventris
分類 : スズメ目セッカ科
分布地域 : コー​​トジボワール、ガーナ、ギニア、リベリア、シエラレオネ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約12cm、翼長約6cm。
体毛は頭部から胸部が黒く、背部が暗褐色、下部は褐色で下胸には黒い斑がある。

鳥アイコン 生態
ライン


原生林、二次林、河畔林など様々なタイプの森林に棲息している。
ツガイで藪の中で活動する。

食物は主に昆虫を食べる。

繁殖に関しては殆ど解っていないが、シエラレオネで6月にひな鳥が観察されている。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


低地の森林伐採によって棲息地が狭まっている。
個体数も減少していると考えられているが確証は無い。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


コートジボワール
低サッサンドラ州、中カヴァリ州
タイ国立公園(Tai National Park)

マラウェ州
マラウエ国立公園(Marahoué National Park)

ギニア、コートジボワール
ニンバ山厳正自然保護区(Mount Nimba Strict Nature Reserve)

リベリア
シノエ郡
サポ国立公園(Sapo National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク