絶滅危惧種のブルインコを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > オウム目 > ブルインコ

ブルインコ




和名 : ブルインコ
学名 : Charmosyna toxopei
分類 : オウム目インコ科
分布地域 : インドネシア(ブル島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約16cm。
体毛は全体的に緑色、下部はやや黄緑色、目の上から頭頂部まで青い斑がある、尾の下は赤、クチバシと脚はオレンジ色、メスは頭部の青斑が無い。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1000mまでの森林に棲息している。
ツガイでいる所を観察されているが、10羽前後の群れを作る可能性がある。

食物は植物の花粉や蜜を食べると考えられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


1920年に捕獲された7羽から知られている鳥。
確実な記録ではないが1980年に農園や森林で普通に見られたという記録があり、1989年に5羽と6羽の群れが標高600m地点で目撃されている、1995年~1996年に計7羽、1998年にも3羽の目撃記録がある。
しかし、2010年に行われた3週間の調査では1羽も発見することは出来なかった。

ブルインコが棲息する低地林は開発によってこれまでに殆どが伐採されてしまっている。
個体数は200羽前後と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク