絶滅危惧種のブドウイロボウシインコを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > オウム目 > ブドウイロボウシインコ

ブドウイロボウシインコ


ブドウイロボウシインコ

和名 : ブドウイロボウシインコ
学名 : Amazona vinacea
分類 : オウム目インコ科
分布地域 : アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長30cm~35cm、尾長11cm~12cm、体重約370g。
体毛は全体的に緑色でクチバシの付け根から目元までが赤い、胸部が紫色、初列風切羽は青色で次列風切羽が赤い、尾羽の先端がオレンジ色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高500m~2000mの太平洋岸森林に棲息している。

食物は種子や果実を食べる。

繁殖期は8月~12月で、30羽以下の繁殖コロニーを形成する。ブドウイロボウシインコ2ツガイになると樹洞に巣を作り約2個の卵を産む、抱卵期間は約30日でひな鳥は約70日で巣立っていく。
近年は森林伐採の影響で繁殖に適した木が足りておらず繁殖を遅らせるツガイも発生している。

性成熟は約2年で、寿命は約30年とされる。

状況
ライン


太平洋岸森林は何世紀にも渡る森林伐採で大半が失われている。
また法的に保護されているにも拘らずペット用として密猟されたり農作物を荒らす害鳥として駆除される場合もある。
個体数は2500羽前後と考えられる。

棲息している保護区
ライン


ブラジル
エスピリトサント州、ミナスジェライス州
カパラオ国立公園(Caparaó National Park)

パラナ州
イグアス国立公園 (Iguaçu National Park)

バイーア州
シャパーダ・ディアマンティーナ国立公園(Chapada Diamantina National Park)

モンテ・パスコアル国立公園(Monte Pascoal National Park)

ミナスジェライス州
イビティポカ州立公園(Ibitipoca State Park)

カナストラ山脈国立公園(Serra da Canastra National Park)

アルゼンチン
ミシオネス州
ピニャリト州立公園(El Piñalito Provincial Park)

(動物園)
ドイツ
ニーダーザクセン州
ヴァルスローデ鳥類園(Weltvogelpark Walsrode)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク