絶滅危惧種のアカボウシインコを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > オウム目 > アカボウシインコ

アカボウシインコ


アカボウシインコ

和名 : アカボウシインコ
学名 : Amazona rhodocorytha
分類 : オウム目インコ科
分布地域 : ブラジル
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長35cm~40cm、体重450g~650g。
体毛は全体的に緑色で頭頂部が赤く頬が青い、尾羽の先端がオレンジ色。

鳥アイコン 生態
ライン

アカボウシインコ2
標高1000m以下の湿潤な森林に棲息している。
非繁殖期には最大で50羽程の群れを形成する事もある。

食物は、果実、種子、茎などを食べる。

繁殖期は9月~11月頃と考えられる、樹洞に巣を作り約4個の卵を産む。
抱卵期間は約24日で、孵化した雛鳥は約34日で巣立っていく、通常ツガイは毎年同じ巣を使って繁殖する。

スポンサーリンク


状況
ライン


何世紀に渡って行われている森林伐採の影響でかつての棲息地の殆どを失っている、残った棲息地は酷く断片化しているため生殖的隔離に苦しめられている。
現在は保護動物として法的に保護されているが、ペット用としての密猟はなくなっていない。
個体数は2500羽以下と推定されている。

棲息している保護区
ライン


ブラジル
バイーア州
モンテ・パスコアル国立公園(Monte Pascoal National Park)

リオデジャネイロ州
ジュルバチバ・サンドバンク国立公園(Jurubatiba Sandbank National Park)

パラナ州
スペラグイ国立公園(Superagüi National Park)

(動物園)
ドイツ
ニーダーザクセン州
ヴァルスローデ鳥類園(Weltvogelpark Walsrode)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク