絶滅危惧種のノガンを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ノガン目 > ノガン

ノガン


ノガン

和名 : ノガン
学名 : Otis tarda
分類 : ノガン目ノガン科
分布地域 : ユーラシア大陸の広域に分布
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


オスは体長約100cm、体重約18kg。メスは体長約80cm、体重約5kg。
翼開張210cm~270cm。
体毛は上面が赤茶色に黒い縞がある、下面は白色、首と頭部は灰色。

鳥アイコン 生態
ライン


半乾燥地帯の草原や牧草地に棲息する。
食物は、昆虫、無脊椎動物、植物などを食べる。

大きなサイズの鳥だが動きは機敏でアカギツネなどに追われても走って逃げ切る事が出来る、飛行速度も正確な測定値ではないが時速80kmに達すると言われている。

繁殖期になると、オスは翼を大きく広げ喉を膨らませて頭を反らすという独特の求愛行動を行う、交尾をしたメスは地面に穴を掘って巣を作り、2個~3個の卵を産む、抱卵期間は3週間~4週間で、ひな鳥は一ヶ月ほどで巣立っていく。巣作り、抱卵、子育ては全てメスのみで行う。
性成熟は2年~3年。寿命は平均10年~15年だが28年生きた記録もある。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ノガンは昔から狩猟鳥として人気があり高い狩猟圧も減少の一因となっているが、最大の脅威は農地拡大による棲息地の破壊である。
最近では送電線への接触事故や農薬散布による水質汚染も脅威になっている。

欧州では共通農業政策によってノガンと共存していく為の農業のやり方が模索されている。

個体数は約5万羽程と考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ハンガリー
バーチ・キシュクン県
キシュクンシャーグ国立公園(Kiskunság National Park)

ハイドゥー・ビハール県
ホルトバージ国立公園(Hortobágy National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク