絶滅危惧種のムジオニクイナを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ツル目 > ムジオニクイナ

ムジオニクイナ


ムジオニクイナ

和名 : ムジオニクイナ
学名 : Rallus wetmorei
分類 : ツル目クイナ科
分布地域 : ベネズエラ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長24cm~27cm。
体毛は褐色で背部にはオリーブ色の斑がある、下部は薄い色になる。

鳥アイコン 生態
ライン


海岸近くの塩性湿地に棲息している。
飛行能力は無いと考えられる。

食性や繁殖に関する情報は無い、恐らく4月~5月が繁殖期と考えられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


都市開発、観光開発、ゴルフ場建設や道路建設による棲息地の破壊、生活排水や農薬散布による水質汚染、密猟が脅威となっている。

海岸の継続的な開発で急激に棲息範囲は狭まっていて、今では僅か3箇所からしか棲息が確認されていない。

個体数は成鳥で250羽以下と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ベネズエラ
アラグア州(マラカイ)
アンリ・ピター国立公園(Henri Pittier National Park)

ファルコン州
モロッコイ国立公園(Morrocoy National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク