絶滅危惧種のアメリカシロヅルを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ツル目 > アメリカシロヅル

アメリカシロヅル


アメリカシロヅル

和名 : アメリカシロヅル
学名 : Grus americana
分類 : ツル目ツル科
分布地域 : アメリカ合衆国、カナダ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長60cm~130cm、翼開長200cm~230cm、体重4.5kg~8.5kg。
体毛は白く、くちばしは灰褐色、目先は黒く頭部が赤い。

鳥アイコン 生態
ライン


カナダにあるウッド・バッファロー国立公園で繁殖し、アメリカのテキサス州にあるアランサス国アメリカシロヅル2立野生生物保護区で越冬する

食物は幼虫、ヒル、カエル、淡水魚、果実など様々なものを食べる。

繁殖は4月末から5月末の間に湿性草原で行う、通常2つ卵を産み、一ヶ月間抱卵する。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


1870年には1300羽~1400羽が生存していたが、狩猟や開発が進むにつれ数を減らし、1938年には14羽まで減少していた。
その後は厳重に保護され、1960年代からは補卵性という鳥は卵を失うとそれを補うように再び産卵するという習性を利用した人工孵化や、繁殖地と越冬地の保護で個体数は毎年少しずつ増加傾向にある。
2013年頃で野生で266羽、飼育下で151羽が確認されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


カナダ
アルバータ州、ノースウエスト準州
ウッド・バッファロー国立公園(Wood Buffalo National Park)

アメリカ
テキサス州
アランサス国立野生生物保護区(Aransas National Wildlife Refuge)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク