絶滅危惧種のニュージーランドカイツブリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > カイツブリ目 > ニュージーランドカイツブリ

ニュージーランドカイツブリ


ニュージーランドカイツブリ

和名 : ニュージーランドカイツブリ
学名 : Poliocephalus rufopectus
分類 : カイツブリ目カイツブリ科
分布地域 : ニュージーランド(北島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約30cm。
体毛は背部が黒褐色で、風切り羽が白い、喉から胸部は赤褐色で、腹部は明るい黒褐色。
繁殖期になると頭頂部や背部が茶色くなり、喉から胸部が淡褐色になる。

鳥アイコン 生態
ライン


水生植物が豊富にある湖沼に棲息している。
ニュージーランドカイツブリ2
食物は主に水生昆虫や貝類を食べ、稀に魚類を食べる。
食物を採る時は水中にダイブをして30秒以上潜っている事が出来る。

繁殖は8月と2月がピークで1年中行われる、メスは巣の中に2個~3個の卵を産み、ツガイで協力して約3週間抱卵をする、孵化した雛鳥は約70日で巣立っていく。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ネズミやイタチによる捕食や、排水による水質汚染、開発による繁殖地の破壊などが脅威となっている。
かつては南島にも棲息していたが19世紀から急激に減少し始め1960年代に絶滅している、何故絶滅したのか原因はわかっていない。
個体数は約2000羽と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ニュージーランド
ワイカト地方
ワーンガマリノ湿地(Whangamarino Wetland)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク