絶滅危惧種のパラワンコクジャクを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キジ目 > パラワンコクジャク

パラワンコクジャク


パラワンコクジャク

和名 : パラワンコクジャク
学名 : Polyplectron napoleonis
分類 : キジ目キジ科
分布地域 : フィリピン(パラワン島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


オスの全長約50cm、翼長約19cm、尾長約25cm、体重約450g。
体毛は下部が黒く、背部は黒と褐色の横斑があり、翼は光沢のある青と紫、尾は褐色で青い目玉模様がある、顔は黒く冠羽がある。
メスの全長約40cm、翼長約17.5cm、尾長約17cm、体重約320g。
全体的に褐色で顔や喉が白くなる、尾は黒い班がある。

鳥アイコン 生態
ライン


標高800mまでの森林に棲息している。
単独から数羽の群れが観察されている。

食物は種子、果実、葉、根、昆虫、無脊椎動物などを食べる。

一夫一婦であると考えられる、繁殖期になるとオスは翼と尾を広げてメスに求愛をする。
飼育下では2個の卵を産み、18日~20日抱卵する。
ひな鳥は生後数日で自分の餌を探す事ができる様になる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採による生息地の消失が脅威となっている、残っている森林もほぼ全域が伐採される可能性がある。
1960年代~1980年代までペット用としての大規模な狩猟が続けられていた、狩猟は禁止されているが現在も食用や輸出用に密猟は続いている。

個体数は最大で5万羽以下と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


フィリピン
パラワン島
プエルト・プリンセサ地底河川国立公園(Puerto Princesa Subterranean River National Park)

エルニド海洋保護区(El Nido Marine Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク