絶滅危惧種のウチワキジを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キジ目 > ウチワキジ

ウチワキジ


ウチワキジ

和名 : ウチワキジ
学名 : Lophura erythrophthalma
分類 : キジ目キジ科
分布地域 : インドネシア、マレーシア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


オスは体長45cm~50cm、翼長約25cm、尾長15cm~18cm。
メスは体長40cm~45cm、翼長約22cm、尾長14cm~16cm。
体毛は全体的に青みがある黒で、背部は灰色がかっている、腰は赤褐色で尾羽は黄色い。

鳥アイコン 生態
ライン


標高300m以下の森林に棲息している。

食物は種子や昆虫を食べる。

野性で発見された巣は1例のみで、枝や枯葉の敷き詰められた浅い巣穴に4個の卵があった。
1羽のオスと複数のメスで群れを形成する事が多いため、一夫多妻と考えられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン

ウチワキジ2
商業的な森林伐採、ゴムやヤシ油のプランテーション建設によって棲息地を失っている、スマトラ島では1985年~1997年の間で30%近くの森林が失われている。
インドネシアで1997年に発生した大火災の様な定期的に発生する森林火災も脅威となっている。

個体数は2万羽ほどと推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


マレーシア
サラワク州
グヌン・ムル国立公園(Gunung Mulu National Park)

パハン州、クランタン州、トレンガヌ州
タマン・ネガラ国立公園(Taman Negara)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク