絶滅危惧種のクロクビワシャコを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キジ目 > クロクビワシャコ

クロクビワシャコ


クロクビワシャコ

和名 : クロクビワシャコ
学名 : Francolinus swierstrai
分類 : キジ目キジ科
分布地域 : アンゴラ(クアンザ・スル州、ウアンボ州、ウイラ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約33cm。
体毛は頭部、胸部、背部は黒く、顔と腹部は白い、腹部には白い鱗模様がある。

鳥アイコン 生態
ライン


山地の森林に棲息している。

食物は種子や昆虫を食べる。

8月に雛鳥が発見された事があるため、繁殖期は5月~6月の可能性がある、巣や卵は発見された記録は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


元々狭い棲息地は焼畑農業によって急速に失われている。
現地民による食用としての狩猟も深刻な問題になっている。
個体数は5000羽以下と考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク