絶滅危惧種のカメルーンヤマシャコを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キジ目 > カメルーンヤマシャコ

カメルーンヤマシャコ


カメルーンヤマシャコ

和名 : カメルーンヤマシャコ
学名 : Francolinus camerunensis
分類 : キジ目キジ科
分布地域 : カメルーン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長30cm~33cm。
体毛は背部が茶色で、腹部は灰褐色。

鳥アイコン 生態
ライン


カメルーン山の標高900m~2100mの森林や草原に棲息している。

食物は種子、果実、昆虫などを食べる。

繁殖は10月~12月に行われる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


食用やコレクション目的の狩猟と、野焼きによる棲息地の破壊が脅威となっている。

定期的に発生するカメルーン山の噴火も、逃げる術の無い雛鳥や卵に大きな被害を出している。

個体数は1000羽~2000羽程と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク