絶滅危惧種のアカハシホウカンチョウを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キジ目 > アカハシホウカンチョウ

アカハシホウカンチョウ


アカハシホウカンチョウ

和名 : アカハシホウカンチョウ
学名 : Crax blumenbachii
分類 : キジ目ホウカンチョウ科
分布地域 : ブラジル(エスピリトサント州、ミナスジェライス州、リオデジャネイロ州、バイーア州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約84cm、体重3.5kg。
体毛は全体的に黒く下腹が白い、オスはクチバシの付け根にオレンジ色の肉垂れがある、メスには肉垂れはないが下腹がオレンジ色になっている。

鳥アイコン 生態
ライン


標高500mまでの熱帯雨林に棲息している。
単独行動か4羽までの家族群で行動する。

食物は、果物、葉、種子、芽、昆虫を食べる。

繁殖期は9月~10月頃で、地上約5mの木の上に小枝で巣を作り1個~4個の卵を産む。
抱卵期間は28日~30日で孵化したひな鳥は2年~3年で性成熟する。
寿命は飼育下で最大20年生きた記録がある。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採による棲息地の消失と、ペット用の密猟が脅威となってる。
リオデジャネイロ州北部では低地林は事実上すべて失われている、モンテ・パスコアル国立公園など保護区でも土地の利権争いによって棲息地は破壊されている。
個体数は300羽以下と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
エスピリトサント州
リニャレシュ森林保護区(Linhares Forest Reserve)

ソーレタマ生物保護区(Sooretama Biological Reserve)

バイーア州
デスコブリメント国立公園(Descobrimento National Park)

モンテ・パスコアル国立公園(Monte Pascoal National Park)

セラ・ダス・ロントラス国立公園(Serra das Lontras National Park)

ミナスジェライス州
リオ・ドセ州立公園(Rio Doce State Park)

(動物園)
ドイツ
ニーダーザクセン州
ヴァルスローデ鳥類園(Weltvogelpark Walsrode)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク