絶滅危惧種のコンゴクジャクを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キジ目 > コンゴクジャク

コンゴクジャク


コンゴクジャク

和名 : コンゴクジャク
学名 : Afropavo congensis
分類 : キジ目キジ科
分布地域 : コンゴ民主共和国
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


オスは体長64cm~70cm、尾長23cm~26cm。
体毛は、黒、青、緑の美しい鳥で白い冠羽を持つ。

メスは体長60cm~63cm、尾長19.5cm~22.5cm。
体毛は全体的に茶色く背部と翼が緑色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1200m以下の熱帯雨林に棲息している。

食物は、果実、無脊椎動物、水生昆虫、シロアリ等を食べる。

繁殖は一年中行うが交尾をするタイミングには降雨量が関係していると考えられる、倒木や木の根元に2個~4個の卵を産みメスが約1ヶ月抱卵を行う、孵化した雛はオスとメス共同で世話をする、雛鳥は一週間ほどで巣立って行く。
飼育下では一夫一婦制だが野生では不明。
コンゴクジャク2

鳥アイコン 状況
ライン


現地の人には昔から狩猟対象にされており、現在も狩猟は続けられている。
採掘事業や農業の拡大も、この鳥の棲息地を狭める要因になっている。

これ以上数を減らさないためには保護区の強化や狩猟を禁止していく必要がある、個体数は2000年の調査で推定10000羽。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


コンゴ
赤道州、東カサイ州、西カサイ州、バンドゥンドゥ州
サロンガ国立公園(Salonga National Park)

東部州
オカピ野生生物保護区(Okapi Wildlife Reserve)

南キヴ州
カフジ=ビエガ国立公園(Kahuzi-Biéga National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク