絶滅危惧種のニシアカガシラエボシドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > カッコウ目 > ニシアカガシラエボシドリ

ニシアカガシラエボシドリ


ニシアカガシラエボシドリ

和名 : ニシアカガシラエボシドリ
学名 : Tauraco bannermani
分類 : カッコウ目エボシドリ科
分布地域 : カメルーンのバメンダ高原
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長40cm~45cm、体重200g~250g。
冠羽と翼の先は赤色で、顔は灰色、背部と翼は金色がかった緑色、尾は青紫色をしている。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1700m~3000mにある森林に棲息している。
殆どの時間を樹上で過ごし水を飲むときだけ地上に降りる、飛ぶ事は苦手でぎこちなく羽ばたく。
鳴き声はうるさいらしい。

食物は果実を食べる。

3月~6月になると巣を作り、約2個の卵を産む、抱卵はオスとメスが協力して行う。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


木材や農地拡大を目的とした森林伐採と森林火災によって1986年のまでに棲息地である森林の50%が失われた。
残された棲息地は保護区となり、バードライフ・インターナショナルが中心となって保護活動が進められている。
個体数は2500羽~1万羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


カメルーン
北西州
バフット・ンゲンバ森林保護区(Bafut Ngemba Forest Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク