絶滅危惧種のハシリカッコウを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > カッコウ目 > ハシリカッコウ

ハシリカッコウ


ハシリカッコウ

和名 : ハシリカッコウ
学名 : Carpococcyx radiceus
分類 : カッコウ目カッコウ科
分布地域 : ブルネイ、インドネシア、マレーシア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約60cm。
体毛は全体的に濃紺で、下部は白地に横縞の模様が一面にある、クチバシは黄色で付け根から目の周りまで皮膚が裸出している、クチバシと脚は太い。

鳥アイコン 生態
ライン


標高300m~1700mの丘陵地帯の原生林や乾いた森林に棲息している。
殆ど飛ぶ事は無く地上で生活している。

食物は主に昆虫で、アリや甲虫を好んで食べる。

繁殖は森林の茂みの中に巣を作り行う。
カッコウだが託卵は行わない。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


低地の大規模な森林伐採の圧力を受けているが、二次林にも棲息できるため大きな脅威ではないと考えられる。
食用としての狩猟も行われていない。
現状最大の脅威は森林火災と見なされており、地域によっては火災により棲息地の4分の3が失われた場所もある。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク