絶滅危惧種のフィリピンアオヒゲショウビンを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ブッポウソウ目 > フィリピンアオヒゲショウビン

フィリピンアオヒゲショウビン


フィリピンアオヒゲショウビン

和名 : フィリピンアオヒゲショウビン
学名 : Actenoides hombroni
分類 : ブッポウソウ目カワセミ科
分布地域 : フィリピンのミンダナオ島
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約27cm、体重105g~150g。
体毛は頭部から背部が濃紺で腰はコバルトブルー、翼は緑色でオレンジ色の斑点がある、頬、肩、胸部は赤褐色。メスは濃紺の部分が緑色で翼の斑点が大きい。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1000m~2500mの湿った森林に棲息している。

食物はバッタなどの大型昆虫、ナメクジ、カタツムリ、カエル、小さなトカゲ、稀に魚を食べる。

繁殖期は1月~7月で、3月~5月がピークと思われる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採が脅威となっていて、1980年代までにミンダナオ島の70%の森林が失われている、現在も木材や農地化を目的に伐採は続けられている。
また、ミンダナオ島はテロ組織が活発に活動しており、意図的に森林が燃やされる事もある。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


フィリピン
ダバオ地方
アポ山国立公園(Mount Apo national Park)

ブキドノン州
キタングラッド山脈自然公園(Mount Kitanglad Range Natural Park)

ミンダナオ島
マリンダン山脈自然公園(Mount Malindang Range Natural Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク