絶滅危惧種のアカエリヒメアオバトを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ハト目 > アカエリヒメアオバト

アカエリヒメアオバト


アカエリヒメアオバト

和名 : アカエリヒメアオバト
学名 : Ptilinopus dohertyi
分類 : ハト目ハト科
分布地域 : インドネシア(スンバ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約35cm。
体毛は頭部から首がベージュで首の後ろが赤い、胸部は薄いピンクで腹部は緑灰色、下尾筒は黄色、背部は光沢のある青銅色、クチバシは灰色で脚は灰紫色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高の高い山地の森林に棲息している。

食物は果実を食べると考えられる。

繁殖に関する情報はない。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


スンバ島にのみ棲息する鳥で、1989年と1992年の調査では棲息密度から推定された個体数は7500羽程であったが、その後9000羽程と上方修正されている。
農地や木材を目的とした森林伐採が脅威となっており、1800年代と比べ既に森林の60%が失われている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


インドネシア
・スンバ島
ライワンギ・ワンガメチ国立公園(Laiwangi Wanggameti National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク