絶滅危惧種のソマリーヒメモリバトを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ハト目 > ソマリーヒメモリバト

ソマリーヒメモリバト


ソマリーヒメモリバト

和名 : ソマリーヒメモリバト
学名 : Columba oliviae
分類 : ハト目ハト科
分布地域 : ソマリア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約28cm。
体毛は全体的に灰色で、頭頂部はピンクがかった青色をしている、翼の先端や尾の付け根が黒い。

鳥アイコン 生態
ライン


標高700mまでの乾燥した岩の多い地域に棲息している。
5羽前後の群れを形成して行動する。

食物は果実や種子を食べる。

繁殖期は恐らく1月~2月頃と考えられる。
5月に破損した卵が見つかった事がある。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ウロコカワラバトの個体数の急増によってソマリーヒメモリバトの棲息範囲が狭まっている可能性はあるが、現在のところ大きな脅威は存在しないと考えられる。

個体数はソマリアの政治的な混乱もあり、近年は調査が行われていない。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク