絶滅危惧種のゲッケイジュバトを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ハト目 > ゲッケイジュバト

ゲッケイジュバト


ゲッケイジュバト

和名 : ゲッケイジュバト
学名 : Columba junoniae
分類 : ハト目ハト科
分布地域 : スペイン(カナリア諸島のテネリフェ島とラ・ゴメラ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約38cm。
体毛は頭部から首が緑色で、顔と尾は灰色、胸部と腹部は褐色で翼は濃い褐色をしている。

鳥アイコン 生態
ライン


名前が示すように標高1600m以下の月桂樹林に棲息している。
食物は主に果実で、他には葉や花を食べる。

繁殖のピークは4月~6月とされる、樹上などに営巣をして卵を1つだけ産む、抱卵期間は18日~19日。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採や過放牧による棲息地の消失、ネコやドブネズミによる捕食、狩猟などが脅威となっている。
近年では狩猟の禁止や森林保護の効果もあり1985年には1100羽~1200羽と推定されていた個体数は、現在3000羽~7500羽まで回復している。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


スペイン
カナリア諸島
ガラホナイ国立公園(Garajonay National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク