絶滅危惧種のクロツラヘラサギを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ペリカン目 > クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギ


クロツラヘラサギ

和名 : クロツラヘラサギ
学名 : Platalea minor
分類 : ペリカン目トキ科
分布地域 : 日本、朝鮮半島、中国、ベトナム、ロシア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長60cm~78cm。
体毛は全体的に白色、くちばしはヘラ状の形で灰色で頸は黄色。

鳥アイコン 生態
ライン


水田や川に棲息している。
食物は魚類や甲殻類や昆虫を食べる、基本的に群れで菜食をして、眠る時も群れで眠る。

繁殖する時は温帯地帯の小島に渡りを行い2~3ツガイの小さな群れを形成して繁殖する、巣はオスとメス協力して作り、4個~6個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


工業用地や養魚場の開発による棲息地の消失が最大の脅威になっている。
日本、朝鮮半島、中国の主な越冬地は開発による埋め立てに脅かされている。
また、2002年から2003年のボツリヌス菌の流行では全個体数の7%が病死した。

個体数は1998年では約600羽だったが2012年の調査では2693羽と順調に回復している。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


台湾
台南市
台江国家公園(Taijiang National Park)

中国
香港
マイポー自然保護区(Mai Po Nature Reserve)

ベトナム
ナムディン省
スアントゥイ国立公園(Xuân Thủy National Park)

日本
沖縄
漫湖鳥獣保護区

(動物園)
ドイツ
ニーダーザクセン州
ヴァルスローデ鳥類園(Weltvogelpark Walsrode)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク