絶滅危惧種のシロハラサギを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ペリカン目 > シロハラサギ

シロハラサギ


シロハラサギ

和名 : シロハラサギ
学名 : Ardea insignis
分類 : ペリカン目サギ科
分布地域 : ブータン、インド、ミャンマー
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約130cm。
体毛は頭部から胸部は灰色で、背部や尾は黒褐色、腹部は白い。

鳥アイコン 生態
ライン


河川が近くにある森林に棲息している。

食物は魚類を中心に昆虫や甲殻類を食べる。
餌場の河川には日中に訪れ、夕方になると住処に戻る。

繁殖期は4月~8月で、大きな木の上に営巣する。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


開発による棲息地の破壊や水質汚染が脅威となっている。

最も絶滅に近いサギ科と言われていて、個体数は2006年にブータンで20羽、ミャンマーで30羽~40羽とされ、全体でも100羽~300羽程と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


インド
アルナーチャル・プラデーシュ州
ナムダファ国立公園(Namdapha National Park)

アッサム州
カジランガ国立公園(Kaziranga National Park)

ディブル・サイコワ国立公園(Dibru Saikhowa National Park)

マナス国立公園(Manas National Park)

ミャンマー

カチン州
フーコン渓谷野生動物保護区(Hukawng Valley Tiger Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク