絶滅危惧種のマミジロゲリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > チドリ目 > マミジロゲリ

マミジロゲリ


マミジロゲリ

和名 : マミジロゲリ
学名 : Vanellus gregarius
分類 : チドリ目チドリ科
分布地域 : ロシア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、アフガニスタン、アルメニア、イラン、イラク、サウジアラビア、シリア、トルコ、イスラエル、シリア、エリトリア、スーダン、インド
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長27cm~30cm、翼幅約60cm。
体毛は背部が薄い灰色、下部は白いが夏季は腹部が黒くなる。

鳥アイコン 生態
ライン


乾燥した草原や半砂漠地帯に棲息している。
ロシアやカザフスタンで繁殖をして、冬季は西アジアなどで越冬する。
越冬地に渡りを行うときは数百羽の群れを形成する事もある。
マミジロゲリ2
食物は主に昆虫で、穀物、植物の葉や花、クモなども食べる。
胃袋から小石が発見されている事から消化を助けるために一緒に飲み込んでいると思われる。

繁殖期は4月~7月で最大で20組の繁殖コロニーを形成する、草原の中に枯れ草などで巣を作り、メスは3個~5個の卵を産む、抱卵は主にメスが行い約3週間続けられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


研究は行われているが個体数が減少している正確な理由は解っていない。
恐らく農地拡大や過放牧で棲息地が失われていることが主な原因と考えられる。
個体数は1万6000羽~1万7000羽と推定され少なくはないが、減少速度が非常に速く今後10年で80%近く減少するという説もある。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


インド
ハリヤーナー州
スルタンプール国立公園(Sultanpur National Park)

ラージャスターン州
ケオラデオ国立公園(Keoladeo National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク