絶滅危惧種のスンバミフウズラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > チドリ目 > スンバミフウズラ

スンバミフウズラ


スンバミフウズラ

和名 : スンバミフウズラ
学名 : Turnix everetti
分類 : チドリ目ミフウズラ科
分布地域 : インドネシア(小スンダ列島スンバ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約14cm。
体毛は背部が紫色と暗褐色、喉はベージュで胸部は赤褐色、腹部は白い、クチバシは暗灰色で脚は褐色がかったピンク。

鳥アイコン 生態
ライン


低地の草原に棲息している。
ツガイで行動する姿が多く観察されている。

食物は恐らく種子などを食べる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


地元住民から食用として狩猟されている事が脅威になっている。
人工的に作られた草地にも適応する事から、牧草地を作る為の野焼きによって生息環境が向上していると言われるが、放牧によって劣化する可能性もあるため棲息環境が安定しない。

個体数は1万羽前後と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク