絶滅危惧種のオビヤマシギを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > チドリ目 > オビヤマシギ

オビヤマシギ




和名 : オビヤマシギ
学名 : Scolopax rochussenii
分類 : チドリ目シギ科
分布地域 : インドネシア(オビ諸島のオビ島とバチャン島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


全長32cm~40cm。
体毛は背部が濃い茶色で下部はベージュ。

鳥アイコン 生態
ライン


山地の森林に棲息している。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


これまでに捕獲された検体はオビ島で1羽とバチャン島で8羽だけの珍しい鳥である。
最後の収集記録は1980年で、その後目撃記録も無く、1991年に行われた調査でも1羽も発見されなかった。

以前は普通に見られていたらしいが、森林伐採の影響で減少したと考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク