絶滅危惧種のヤイロチョウを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > チドリ目 > ヤイロチョウ

ヤイロチョウ


ヤイロチョウ

和名 : ヤイロチョウ
学名 : Pitta nympha
分類 : スズメ目ヤイロチョウ科
分布地域 : 中国、日本、韓国、北朝鮮、マレーシア、インドネシア、ブルネイ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長16cm~20cm。
頭頂部は茶色、目から後頭部に黒い帯があり眼上には眉状の黄色い線がある、喉から腹部までベージュだが腹部中央から下尾筒は赤くなっている、背部は緑や青色をしている。

鳥アイコン 生態
ライン


繁殖地では標高1200m以下の常緑広葉樹林に棲息している、越冬地では最大3500mの森林で発見された事もある。
日本や朝鮮半島で繁殖をして、冬季にはボルネオ島などで越冬する。

食物は主にミミズでトカゲや沢蟹なども食べる。

繁殖期は5月~7月頃で地上に枯葉や枝を使った巣を作り、5個~6個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採による棲息地の消失が大きな脅威となっている。
また、繁殖地での写真家による撹乱も悪影響を与えている。
個体数は多くとも1万羽とされる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク