絶滅危惧種のズグロカモメを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > チドリ目 > ズグロカモメ

ズグロカモメ


ズグロカモメ

和名 : ズグロカモメ
学名 : Larus saundersi
分類 : チドリ目カモメ科
分布地域 : 中国、日本、韓国、北朝鮮、台湾、ベトナム
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長30cm~33cm、翼長26cm~30cm、体重約200g。
体毛は胴体が白、翼が灰色で尾が黒い、頭部は夏羽では黒く冬羽では白い。

鳥アイコン 生態
ライン


塩性湿地や干潟に棲息している。
黄海沿岸で繁殖をして、冬季になると日本やベトナムに渡り越冬する。

食物は小魚や甲殻類を食べる、獲物は歩いたり泳いで探す事は殆どなく空中を飛びながら探す。

繁殖は5月頃に塩性湿地に植物の茎や根で巣を作り2個~3個の卵を産む、抱卵期間はツガイで協力して約22日行われる、ひな鳥は親鳥と共に10月頃に越冬地に向けて渡りを行う。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


最大の脅威は塩性湿地が水産養殖場へ転換されている事や外来植物のスパルティナ・アルテルニフロラの繁殖によって破壊されている事で、主要な繁殖地の多くはすでに失われている。
他にも油の流出による水質汚染や人による卵の採集なども脅威となっている。
個体数は約2万羽と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


日本
沖縄
漫湖鳥獣保護区

中国
江蘇省
塩城自然保護区(Yancheng Nature Reserve)

山東省
黄河三角州自然保護区(Yellow River Delta Nature Reserve)

香港
マイポー自然保護区(Mai Po Nature Reserve)

ベトナム
ナムディン省
スアントゥイ国立公園(Xuân Thủy National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク