絶滅危惧種のセントヘレナチドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > チドリ目 > セントヘレナチドリ

セントヘレナチドリ


セントヘレナチドリ

和名 : セントヘレナチドリ
学名 : Charadrius sanctaehelenae
分類 : チドリ目チドリ科
分布地域 : セントヘレナ島
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約15cm。
体毛は背部が灰褐色で、下部は白い、前頭部に黒い帯があり後頭部は茶色。

鳥アイコン 生態
ライン


乾燥した草原や牧草地に棲息している。
単独から少数の群れを形成して行動する。

食物はミミズや昆虫を食べる。

繁殖期は9月~1月頃の乾季で、地面に穴を掘った簡単な巣を作り、1個~2個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン

セントヘレナチドリ2
移入してきたネコやインドハッカからの卵や雛鳥の捕食、過放牧による棲息地の破壊が脅威となっている。

2016年に完成予定のセントヘレナ空港の建設でも、棲息地の減少や観光客による撹乱の増加が懸念されている。

2005年の調査では過去5年で4割近く減少していると言われていたが、最近は野良猫駆除などの効果もあり個体数は増加傾向にあるという。

また、この鳥はセントヘレナで国鳥の様に扱われており、セントヘレナの紋章にも描かれている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク