絶滅危惧種のハジロヨタカを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ヨタカ目 > ハジロヨタカ

ハジロヨタカ


ハジロヨタカ

和名 : ハジロヨタカ
学名 : Caprimulgus candicans
分類 : ヨタカ目ヨタカ科
分布地域 : ボリビア、ブラジル、パラグアイ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長19cm~21cm、体重50g~55g。
体毛は灰褐色で全身に薄い褐色の模様がある、胸部は白い。
メスは体毛がオスよりも濃い色になる。

鳥アイコン 生態
ライン


草原に棲息している。
夜行性で、主に昆虫を食べる。

繁殖は10月~12月で地面に枝で作った巣の中に約2個の卵を産む、恐らく抱卵期間は約2週間。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ハジロヨタカは1820年に2羽が捕獲されてから長い間目撃情報が無かったが、1980年代にエマス国立公園で再発見された。

主な脅威として野焼きや過放牧、植林による棲息地の消失が挙げられる。
個体数は約2000羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
ゴイアス州、マットグロッソ・ド・スル州
エマス国立公園(Emas National Park)

パラグアイ
アルト・パラナ県
ムバラカジュ森林自然保護区(Mbaracayu Forest Nature Reserve)

サン・ペドロ県
ラグナ・ブランカ(Laguna Blanca)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク