絶滅危惧種のタテジマキーウィを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キーウィ目 > タテジマキーウィ

タテジマキーウィ


タテジマキーウィ

和名 : タテジマキーウィ
学名 : Apteryx australis
分類 : キーウィ目キーウィ科
分布地域 : ニュージーランド(南島、スチュワート島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長50cm~60cm、体重1.2kg~3.3kg。
体毛は灰褐色で、黒いうろこ状の模様がある。

鳥アイコン 生態
ライン


高山の草原や森林に棲息している。
翼や尾は退化していて飛ぶ事はできない。

夜行性で、通常はミミズなどを食べるが、乾季には種子などを食べる。

繁殖期になると、オスは鳴き声を挙げてメスに求愛をする、その泣き声が「キーウィ」と聞こえる事が名前の由来になっている。
妊娠したメスは大きな卵を1個産む、抱卵はオスのみが74日~90日行う、雛鳥は生後約1週間で巣立っていく。
寿命は30年~50年生きる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


フクロギツネやオコジョに卵や雛鳥を捕食される事が最大の脅威となっている。
潜在的な脅威として疫病の蔓延も上げられている、棲息地の破壊は今は大きな問題では無くなっていると考えられている。

個体数は2008年の調査で約3万羽と推定された。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ニュージーランド
サウスランド地方
フィヨルドランド国立公園(Fiordland National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク