絶滅危惧種のハサミオハチドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > アマツバメ目 > ハサミオハチドリ

ハサミオハチドリ


ハサミオハチドリ

和名 : ハサミオハチドリ
学名 : Hylonympha macrocerca
分類 : アマツバメ目ハチドリ科
分布地域 : ベネズエラ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


メスは全長約11.5cm。オスは体長約9cm、尾長約10cm、体重7g~8g。
オスは全体的に緑色で頭部が紫色、翼や尾は黒っぽい色をしている。
メスは背部が緑色、喉から腹部が白く緑色の斑がある、尾はオスに比べて短く外側がオレンジ色になっている。

鳥アイコン 生態
ライン


標高500m~1200mの湿潤な森林に棲息している。

食物は主にパイナップルの花蜜で、他にも昆虫を食べる。

繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


棲息地の殆どがパリア半島国立公園に含まれているが、保護政策が完璧でない事から棲息範囲内での森林伐採は現在も続けられている。
個体数は1万羽~2万羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ベネズエラ
スクレ州
パリア半島国立公園(Peninsula de Paria National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク