絶滅危惧種のアカハジロを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > カモ目 > アカハジロ

アカハジロ


アカハジロ

和名 : アカハジロ
学名 : Aythya baeri
分類 : カモ目カモ科
分布地域 : タイ、バングラデシュ、インド、ミャンマー、ロシア東部、中国、日本
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長41cm~46cm、体重約800g。
オスの体毛は頭部と首と背部が黒く、胸部は赤茶色、翼は風切羽は白く雨覆いは黒、腹部や下尾筒は白い、クチバシは暗青色、足は灰色。
メスの体毛は全体的に黒褐色で、下面は薄い色になる。

鳥アイコン 生態
ライン


水田や湖に棲息している。
繁殖は満州やロシア東部で行い、冬季には中国南部や東南アジアに渡りを行う。

繁殖期にはツガイで行動するが、それ以外の時期は少数の群れを形成する。
アカハジロ2
アカハジロは潜水が得意な鳥で息継ぎなしで約40秒最大2mの深さまで潜る事ができる。
食物も水中で探し、水中昆虫、エビ、魚類、藻類、水生植物や種子を食べる。

繁殖地には3月~4月に頃渡り、水生植物が豊富に生い茂った湖周辺や湿地に巣を作る、卵は6個~10個産み落とされメスのみが23日~28日間抱卵を行う、ひな鳥は生後2週~3週まで親鳥に世話をされて育つ。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


急激な減少を続けていて1994年には約1万羽と推定されていたが2008年の調査では5000羽と推定され、2012年の報告では1000羽以下になっている可能性があるとされている。
これだけ急激な減少にも関わらず正確な脅威は判明していない、恐らく狩猟や湿地の破壊が原因と考えられている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ロシア
ザバイカリエ地方
ダウルスキー自然保護区(Daursky Nature Reserve)

沿海州
ハンカ湖自然保護区(Lake Khanka Nature Reserve)

ハバロフスク地方
ボロン湖自然保護区(Bolonsky Nature Reserve)

中国
吉林省
向海国家級自然保護区(Xianghai National Nature Reserve)

香港
マイポー自然保護区(Mai Po Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク